女性

ボトックスで小顔の申し込み【比較するのが大切な準備】

安全性の高い美容治療

顔を触る人

治療の方法や守る点

近年ボトックス注射を受ける女性の方が増えてきました。小顔になれる美容治療の1つですが、手術せず注射で済む事と副作用も少ない点から注目されています。ボトックス注射はボツリヌス菌から抽出された成分を使います。世界中の土壌や海などに存在する菌なのですが、食中毒の原因菌でもあります。しかし医療用に調整されたボツリヌス菌毒素は10年以上前から安全性が認められて欧州やアメリカで使用されています。日本でも厚生労働省から安全性が認められており、医師の管理の元使用が許されています。この治療方法が効果を現すのは筋肉です。顔が大きく見える要因の1つに筋肉の発達があります。咀嚼筋という咬む筋肉が発達しているとエラが張ったように見えたり、表情筋が緊張する事でしわの原因になったりします。こうした筋肉が原因の物に対してボトックスは効果的に作用します。筋肉の緊張を和らげて起因する悩みを解消するのがボトックスです。注入する事でボツリヌス菌毒素は筋肉へ伝わる神経伝達物質の情報を遮断します。それにより筋肉の収縮を抑制して無意識に動く表情筋や発達しすぎた筋肉を衰退させて小さくしていきます。それにより小顔やしわの除去効果が得られる仕組みです。この治療を受ける場合、美容外科やクリニックでないと受けられません。必ず医師の診察と判断が必要になるからです。受診すると必ずカウンセリングが行われ、顔が大きく見える原因を特定していきます。全て筋肉のせいではないので、骨格や脂肪などあらゆる原因を調べて筋肉に由来すると確定してから提案されます。短時間の施術であり手軽で簡単に小顔を目指せるボトックス注射ですが、施術を受ける前と後で気を付ける事はあります。副作用はほとんどありませんが、治療なので当然注意する点はあるので確認しておくことが大切です。まず治療前ですが、筋肉の緊張を和らげる性質から筋委縮性側索硬化症や重症筋無力症といった持病がある方は受ける事はできません。ほとんどボトックス治療を受ける方は女性なのですが、妊娠中や授乳中の方も安全性が認められていないので受ける事ができません。これはボツリヌス菌が食中毒の原因菌である事から起因します。難しいのですが妊娠の可能性がある方も受ける事は控える様にされています。薬を投与する場合に必ず言われるアレルギーですが、ボトックスでもアレルギーの可能性はあります。過去にあった方は医師に申し出る事を忘れない様にする必要があります。病では喘息や慢性な呼吸器疾患がある方及び緑内障の方も医師に申し出る必要があります。服薬中の薬でも万が一があるので、特に抗生物質・筋弛緩剤・精神安定剤を服用中の方は必ず医師に告げる必要があります。簡単なのはお薬手帳を提出する事です。施術後に気を付ける事ですが、小顔になると嬉しくて注射箇所を触る行為や揉む行為です。洗顔はその日に可能なのですが、強くこする事はいけません。妊娠を考えている方は、最終投与後2回月経を経るまでは避妊する事が女性に指導され、男性は少なくとも3ヶ月は避妊する事を言われます。それを守る事が大切です。以上の様に施術前後で気を付ける点ですが、簡単に言うと医師に伝えるべき事は伝えて指示に従う事を守る事です。医師から施術前にこれらアレルギーや服薬状況について確認はされます。