女性

ボトックスで小顔の申し込み【比較するのが大切な準備】

製剤の種類と特徴

female

注射による複数のメリット

小顔になる為のボトックスには種類は少ないですが、それぞれ製品が異なります。美容外科でよく使われている製剤は、アメリカのアラガン社製ボトックスか、日本で開発され、アメリカでも認可されたボトックスビスタです。その他にも韓国製やドイツ製など他国でもボトックス製剤は開発されています。アメリカ製と日本製は安全面で信頼されており、小顔になる効果期間も安定している反面、少し割高です。アラガン社製は世界で最も多く使用されており、また開発されてから数十年以上使われて続けています。多くの医療実績があり、その効果も申し分ありません。日本製は2016年から美容外科で使用されるようになった比較的新しい薬剤です。それまでは眉間や目尻の皺を改善するために、医療の現場で使われていました。医療の場で使われる為に厳しいテストと検査をされています。またアメリカ製と日本製の製剤については、研修を受けた医師でない限り、施術ができません。金額は多少高くても、安全に施術を受けたい方はこちらをおすすめします。価格を重視したいなら韓国製のニューロノックスなどがおすすめです。こちらは後から開発されたジェネリック製剤ですが、アラガン社製の成分と同じように作られました。臨床の場でも多く使われており、自国で認可も得ていますので、安全性は高いです。美容大国である韓国だからこそ、低コストでコスパが良い製剤が開発されるのでしょう。価格は日本製の物より約3〜4割程安くなるようです。ボトックス注射に挑戦してみたいけど、価格が高いと感じる方は、こちらの韓国製剤を取り扱っている美容外科を探すのが良いでしょう。ボトックス注射によるメリットは何といっても切らないということです。一昔前の美容整形では、脂肪吸引や切開によるエラ除去などが主な方法でした。その為、ダウンタイムも長く、費用も高額です。ですが、近年プチ整形が流行り、気軽に自分の顔を自然に変えるようになり、その過程でこのボトックスも導入されていきました。注射で小顔にできるこの方法は、人気の施術のうちの一つになっています。注射による小顔施術は、一回の施術につき、少しずつしか液剤を入れないので、自分の理想のフェイスラインを細かく調整することができます。事前にお医者さんと打ち合わせしておけば、理想通りの形に近い整形をしてくれます。もし気に入らなければそのまま数ヵ月普通に過ごす中で元に戻ります。施術を受けた当日もほとんどの病院がメイクとシャワーがOKで、生活にも支障がないので、普通に日常生活を送ることができます。痛いのは注射の時だけですが、お願いすれば麻酔をしてくれるので痛みはほとんどありません。料金は切開や脂肪吸引に比べると、格段に安いので手軽に始められます。治療が初回の場合や、モニターを希望すれば、キャンペーンでかなり安く施術を受けることができる場合がありますので、病院の口コミやHPを参考にしてみて下さい。注射は打ってから、早くて2、3日で影響が出始め、1週間〜2週間でしっかりと効果が現れます。最大で3ヶ月程効果が続きます。ゆっくりと変化がみられるので、整形したのもバレにくいです。すぐに変化するわけではないので、少しずつ変わっていく自分を見るのが毎日きっと楽しいですよ。