女性

ボトックスで小顔の申し込み【比較するのが大切な準備】

安全性の高い美容治療

顔を触る人

手軽に小顔効果が得られるボトックス注射ですが、筋肉の緊張を和らげて筋肉の発達による顔のコンプレックスを解消する方法です。施術前後には注意するべき点があり、全て医師から確認と指導があります。副作用がほとんどない治療方法ですが守る事ありきです。

もっと詳しく

憧れの小さな顔へ

看護師

美容治療は準備が重要

小さな顔は男女に共通する願いでもありますが、美容整形のボトックス注射なら、角張ったエラを手軽に改善できるようになっています。ただし大切な顔を治療しますから、申し込み先のクリニックをしっかり選ぶなど、事前準備を怠らないのが基本です。その際は費用をはじめ、執刀医の治療技術、さらにドクターとの相性など、色々な観点から自分にとって最適なクリニックを探します。情報収集はネットが役立ちますが、最終的な判断は実際にカウンセリングを受け、直接印象を感じ取ったうえで決めましょう。ですから少なくとも2、3カ所のクリニックへカウンセリングを申し込み、そこでの内容を比較するのが大切な準備です。一方、この小顔治療はアゴの動きを補佐する咬筋にボトックスを注入するため、施術後はしばらくの間、硬い物を噛む時に違和感を覚える場合があります。慣れてしまえばそれも薄れますが、当日用にレトルト製品などの柔らかい食事を準備しておくのも良いかもしれません。そして、ボトックス治療の申し込み方法ですが、まずは電話かネットでカウンセリングの予約を取ります。予約当日は窓口で受付手続きが済めばカウンセリングへ入りますので、ボトックス治療の説明を受けるなど、治療に対する希望や悩みなどをお話しください。そのクリニックで小顔治療を受けると決めた時は申し込みの意思を伝えますが、他院のカウンセリングも予約している際は、一旦保留にしてクリニックを後にします。予定していたカウンセリングを全て受け終え、最終的に治療先が決まりましたら、電話もしくは受付などで正式に申し込み、施術の予約を入れてください。筋肉は鍛え上げれば太く発達し、使わなければ細くなりますが、ボトックスの小顔治療はその原理を応用しています。ボトックス注射ではボツリヌス菌から生成されたタンパク質などを注入するのですが、これにはアセチルコリンという神経伝達物質の効力を弱める作用があります。そのためエラの筋肉にこの薬を注射すれば、筋肉を動かせという脳からの指令がブロックされ、人為的に咀嚼筋の動きを制限できる訳です。動かさない筋肉は日を追うごとに痩せていきますから、治療前より小顔になれるというのがこの治療の特徴です。しかも筋肉は急に細くならず、ゆっくり時間を掛けて小顔になるため、周囲に美容整形を受けたことが分かるケースは滅多にありません。さらに、咀嚼筋はどなたにも備わっている筋肉ですから、この治療を受ければ誰でも小顔になれると言われているのは、その点に由来しています。また、この治療は継続すれば効き目が長くなるのも特性で、半年から1年間隔で施術を重ねることが、オーソドックスな治療スタイルとなっているのです。そのほか、ボトックスはメーカーによって品質が違うことも特徴で、高品質な製薬剤ほど効き目と安全性が高くなっています。特にアラガン社が販売するボトックスは世界各国で広く使用されており、日本でもただ1つ国から認可を得たボツリヌス薬品のため、安全面でもお墨付きです。そして、この治療は注射だけで完結しますので、メスを使った美容整形に伴うようなダウンタイムはほどんどありません。日帰り施術となっているのはもちろんのこと、治療が終わった後はメイクをしてサッと帰れるのも魅力的な特徴です。

気になるエラも改善出来る

注射

顔が大きいとそれが悩みとなってしまう場合があります。エラ張りは以前であればメスを使用した施術が主でしたが、筋肉の問題である場合はボトックス注射で手軽に改善することが出来るでしょう。ぜひボトックス注射で小顔を手に入れましょう。

もっと詳しく

製剤の種類と特徴

female

美容整形で手軽の小顔を手に入れる方法といえば、ボトックスがおすすめです。万が一失敗しても数ケ月で元に戻るので、整形施術初心者でも安心して試せるでしょう。キャンペーンを利用すれば、安く費用を抑えることができます。

もっと詳しく